<< 謎 | main | 千畳敷 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2013.05.26 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

それでもボクは…

昨日、友達と『それでもボクはやってない』を見てきました。

痴漢えん罪を取り上げた話で、すごく考えさせられました。

高校時代、満員電車で通ってて、いつもの電車では
遭わなかったけど、早く行かないといけない日に
急行に乗ったら、必ず痴漢に遭いました。
腹が立つので、思いっ切り「弁慶の泣きどころ」を
蹴ってやりましたけどね(`Д´)

確かに中には「えん罪」もあるかもしれない…
でも「痴漢」は絶対に許せません!


スポンサーサイト


  • 2013.05.26 Sunday
  • -
  • 11:26
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
『それでもボクはやってない』って
痴漢の冤罪の話だったんですね。
冤罪の話ってコトは知ってたんですけど。

田舎に住んでると満員電車に乗ることがないので
痴漢にあうことがないです。
でも名古屋で(当時の)彼氏と電車に乗ってて、降り際にお尻を触られて
「もう!こんなトコでなにやってるの!!(怒)」と怒ったら
痴漢でした・・・。
痴漢なれしてないと気づかないみたいです。
>雪野さん
ええ、痴漢冤罪の話です。
主演の加瀬亮くんが、普通っぽい顔なので(ホメ言葉のつもり)
ほんとリアルでした。もたいまさこさんが母ってのも…。
「そんな事言わなきゃいいのに…」とか「やっと証拠が出た!」とか
ハラハラしながら見てきました。

あはは!それは彼氏からしたら冤罪ですね(笑)
痴漢か!と思ったら、鞄が当たってるだけっていう時も
あるので、難しいですね〜。

今や「女性専用車両」ってありますけど、平日だけってのが
イヤですね。休日もやってくれないかなぁ…
  • うり
  • 2007/02/14 11:44 AM
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
まこという名の不思議顔の猫 (マーブルブックス)
まこという名の不思議顔の猫 (マーブルブックス) (JUGEMレビュー »)
前田 敬子,岡 優太郎
ブサイク顔の猫=ブサ猫の火付け役となった
1冊じゃないでしょうか。
人面顔のまこは笑えます(笑)
recommend
舞妓Haaaan!!!
舞妓Haaaan!!! (JUGEMレビュー »)

阿部サダヲが笑えます(笑)
柴咲コウちゃんの舞妓姿はカワイくて
萌え萌えでした♪舞妓の厳しい世界を
垣間見つつ、笑える一石二鳥な
映画じゃないでしょうか。
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
2008JUGEMキャラコングランプリ
キャラクターデザイン:磯崎洋助/「おしゃれひつじ」